チョビによる立体物の製作記です。雑記もいろいろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10 まとめいろいろ

竜血騎士の衣装に関するメモ、
今後のこととかいろいろ。


○竜血騎士装備の製作メモ

・WF会場にて発見(再認識?)、
 日の光の下で見るのと部屋の中で見るのとでは色味がかなり異なることがある。
 試し塗り後はベランダなどにパーツを出して確認するといいかも

・首輪が外れてしまったこと
 多少デザイン性を犠牲にしても、一人で楽に着脱出来て勝手に脱げないように
 調整することを優先したほうがいい
 細かい部分は模型と違って目立ちにくい

・指先に装甲がなかったことで、名刺や携帯が一人でも(かろうじて)取り出せた
 ズボンに手が入れられるようにしたのはかなり良かった
 感覚がつかみやすいのか、取り出しやすかった
 意外と尻のポケットが便利だった

・兜がコスプレそのものの完成度の6,7割を占めている気がする
 機能面・デザイン面両方で相当重要か
 移動時にはバイザーを上げて視界を確保できるようにするとベスト
 兜ごと外す仕様にするとどうしても着脱の時にパーツが外れたりするリスクがある
 竜血騎士の兜はデザイン的にバイザーが開かない気がするが…

 バイザーも勝手に開かないようにロックする機構が必要
 目元が見えないようするには、網戸一枚より二枚、もしくはメッシュなどを使ってみる

 ポイントは
 ・兜自体の着脱を楽にできるように作る
 ・バイザーを自在に開閉・ロックできるように作る
 のどちらかか。
 いずれにせよ、あまりにも小さく作ると無理が生じるので
 兜に関しては、少々頭でっかち…とまでいかなくても少し大きめに作るくらいが良いかも

・スタイルを良く見せる工夫
 腰の位置を冗談みたいに引き上げる、鎧を笑えるくらい大柄に作る
 手甲と足甲はびっくりするくらい太くする
 自分の体格ではこれで丁度いい感じになる

・腰の位置を引き上げたものの膝当ての位置が素のままだったので
 腰から下は全部本来の位置より上げて装着できるようにするとなお良しか
 


…こんなところだろうか
腰布を黒っぽくしたり、首輪を取れにくくするために返しを付けたりと改良はすでに済ませた

ちなみに重量を量ったところ、

DSC_0229_R装備だけを測定 IMG_7196_R.jpg

装備一式(ズボン、手袋以外)3kg
大剣371g

スーツケース本体や下級騎士より軽く作れたらしい
まぁこれは、量り方によって微妙に違ってくるのかもしれないが、
鋲や合皮を盛り込んだ衣装よりは、いっそボードのみの全身鎧の方が軽いのかもしれない

材料費は下級騎士を超えて30000強
だが、コンタクトレンズやスーツケースを入れると約50000…

正直なところ「衣装を作る」上では、前回の下級騎士装備の分析を最大限に生かして
作れたと言ってもいい満足度がある
これで夕日を背景に馬に乗って疾走できれば完璧だな

次回イベントに参加したときには、「衣装を着こなす」リベンジをしようじゃないか




○次に作るもの、やりたいこと

衣装の見た目的な完成度は、自分でも相当満足のいくレベルで作ることが出来た。上出来だ
正直、今以上を望んだところで僅かの差しか伸びないだろう
と思うのは竜血以上に作ってみたい、着てみたいと思う鎧は(現状)存在しないからか。
単純に置き場が無いというのが気の進まない理由かもしれんが

しいて言うなら「着こなす」などの機能面において、より良いレベルにしたいという思いはある
その点なら、現状の竜血を改良すればOKだ

コスプレイベントというのも馴染みがないから、WF以外はまったくと言っていいほど知らないが、
WFでもらったチラシに
「コスプレ博 in TFT」4/23(日)
「となりでコスプレ博(春) in TFT」5/3・4(祝)
というのがあった

着こなしリベンジ候補としてはそこか。時期的にも、これ以上温かくなると全身鎧はキツそうだし
といっても、ダークソウルレイヤーさんが来るかも分からないし、そもそも会場が遠く感じてしまう
これに参加するかどうかは気分次第だな
可能性がありそうなのは後者の5月の方だが……さてどうなるか



まぁそもそも今回の製作も、下級騎士のリベンジをしたいというところが大半だから、
目標は果たした感がいっぱいだ
夢や憧れが伴わない行動はしんどくなる原因な気がする。趣味でそれはまずい

でも、いずれはあと一着、何か作るような気がする。
まだそれは先の話になると思うのだが……いずれは必ず何か作るはず
竜血のように「かっこいい!」「着てみたい!」と思う何かが出てくるかどうかだな

ダークソウルⅢの完全版というか、DLCが収録されたバージョンを予約可能になった瞬間に
予約したので、それをプレイしたらあるいは…。



作るうえでの置き場問題を解決出来る方法として思いついたのが
DSC_0230_R.jpg

実家に眠っているこちらを分解して作り変えるというもの
似たようなデザインなら割と簡単に出来そうなメリットがある

他に検討するポイントがあるとすれば
・兜の視界、バイザー開閉可能かどうか
・アイテムポーチがあるかどうか
・指先に装甲があるかないか
・スムーズに持ち運び出来そうか
・一人で楽に着られるか

とかいろいろあるけど、作りたいと思ったものが出てきたら、
ポイントからどんだけ外れていようが作りたいものを作る(`・ω・´)
難しいところはどうにかして補えばいい なんとかなる

フリューテッド、アルバ、王の化身…よさそうな候補はあるから
ゲーム実況ではないがダークソウルⅢの初見動画を音声付かなにかで録画しておいて、
印象などもついでに記録しておけばより良いものが作れるだろう

あと、いきなり「これを作る」と決めなくても、ダンボールで兜だけいろいろ作って
様子を見てもいいかもしれない。兜作りの経験値もたまりそうで良い



しかしまぁ、WFの記事でも書いたが
フロムソフトウェアさんは本当にゲームを作ってくれたものだ…

今回のDLCでソウルシリーズは最後になるというが、なんというかひたすら感謝
これほどハマったゲームはない
このシリーズがずっと続いてくれれば良いなと思うところもあるし、
美しいまま幕を閉じていくのも良いと思うし…

自分にとっても初見のソウルシリーズで遊べるのは、約一か月後から…これが
最後と思ってじっくり楽しませていただこう

ソウルシリーズのコスプレイヤー全員が集まって「フロムありがとう!」っていう
メッセージを掲げた写真でも送れたらいいのになぁとか思う。いつかの公式イベントのように




最後に竜血の画像と説明文でも

IMG_7200_R.jpg

竜血の鎧

 竜血騎士の漆黒の装備
 彼らの国の名は既に失われている

 竜の血を信奉する竜血騎士団は
 ヨアに率いられ聖壁に侵攻したが
 眠り竜の目覚めにより聖壁に沈んだ

 漆黒の鎧を包み込む赤布は
 竜の血への情景を表している



竜血の大剣

 英雄ヨアが率いた竜血騎士団の大剣
 刀身には竜の血を表す文様が刻まれている

 彼らにとって竜の生血は神聖さの象徴であり
 血を得たものだけが、生の真の理解に至り
 それを超越すると信じられている



DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225191605 DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225191812

DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225193252 DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225193259

DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225200258 DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225200345


DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225194532
DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225202318
DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225194549
DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225202509
DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225202536
DARK SOULS Ⅱ SCHOLAR OF THE FIRST SIN_20170225202523


…しかし“超越”か
トラセンドを作ると決めたあの日から、今回の製作も決まっていたのだろうか

そしてこの記事番号は209、
あれが完成した日は2月9日。こんなことがあるもんだな


[ 2017/03/25 23:24 ] ダークソウル 竜血騎士 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。